(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *アメリカ大統領選結果 キ紙とク紙が1面トップ
本文テキスト  アメリカ大統領選で11月9日にドナルド・トランプ氏の当選が決まった。キリスト新聞とクリスチャン新聞はともに1面トップで報道。キリスト新聞は、ミズーリ州の神学校に留学していた日本人牧師のフェイスブックには<嘆き、不安、怒りの入り混じった驚き>に満ちた書き込みがあったと伝えた。またカナダで宣教に従事する日本人が<フランクリン・グラハム氏が最後までトランプ氏の支持を表明していたのが印象的だった>との声を伝えている。クリスチャン新聞は渡辺聡・青山学院大学非常勤講師が寄稿。福音派は教勢が低迷しはじめ政治的な力を失ってきており、「今回の選挙戦での混乱は、福音派の中に困惑と分裂を引き起こし、さらなる低迷への引き金になるかもしれない」と分析している(キ26日付、ク20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center