(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *現皇室典範立案者の譲位・退位論
本文テキスト  戦後のGHQの占領下での現皇室典範立案者である井手成三と高尾亮一の譲位・退位論について検討した藤本頼生・国学院大学准教授による計2頁弱にわたる論文。現皇室典範は神器の相承や大嘗祭などGHQの忌諱に触れそうな事柄ははじめから除外し、<皇位継承、「皇位の世襲」にかかる部分のみを重視して典範原案を作成した>ゆえに、現在における制度面での諸課題をひきおこした。「皇位の世襲」にかかる規定そのものですら、<(憲法の)象徴たる天皇の地位との兼ね合いを十分に精査して策定したものでなかった>(21日付、28日付。関連で7日付に藤森馨・国士舘大学教授の<女帝と女性皇統>。また各号に<皇室の制度と歴史>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center