(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *印度山日本寺、建立から43年の現状
本文テキスト  釈迦が悟りを啓いたブッダガヤ(インド・ビハール州)に建立された日本仏教界超宗派の寺院・印度山日本寺の現状についての「時事展描」記事。戦後、ネルー首相が「宗教の融和による平和の実現」の拠点として荒廃していた同地の復興を発案。日本仏教有志がこれに応じ、政財界の協力も得て1973年に同寺を建立した。福祉事業として、菩提樹学園では2クラス3年保育、約200人の園児を受け入れる。だが、寄付金減少や物価高騰で、2016年に受け入れを削減した。また、光明施療院では無料医療奉仕をしてきたが、担当医師の死去後、後任が見つからず休眠状態。運営にあたる国際仏教興隆協会は、日本企業に支援を求めるも、特定宗教への寄付は株主の理解が得られないとして断られるという(28日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center