(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *「ヘイトスピーチ解消法」から4ヶ月
本文テキスト  「ヘイトスピーチ解消法」が2016年6月に施行されて4ヶ月。<しかし、依然として民族服を着て外出したりすることが、命の危険につながる状況は続いている>。関連記事2点を紹介する。宋富子(ソンプジャ)氏(在日大韓基督教会川崎教会名誉長老)は集会「平和を願い記憶しよう八月十五日」で、「ありのままの姿」で生きられない在日コリアンが、心身症を患う割合は日本人の5倍と言われており、若者の自殺も少なくないと述べ、自身の<民族の誇りと「ありのままの自分」を取り戻していく>過去を語った(カ2日付)。青山学院大学神学科同窓会は9月22日に公開講座を開き、同大教授の申惠丰(シンヘボン)氏は「今日の国際社会と人権―その現状と課題―」のテーマで講演。「ヘイトスピーチ解消法」は、「国が取り組む法律ができたことは、不十分だけれども一歩前進した」と語った(ク9日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center