(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *高野山真言宗の「臨床宗教教養講座」打ち切りに批判
本文テキスト  9月14〜15日に行われた高野山真言宗の第154次秋季宗会で、高野山大学関連の集中質疑がなされた。臨床宗教師とスピリチュアルケア師の資格取得が可能として2015年9月に東京で開講されたサテライトキャンパス「臨床宗教教養講座」が、一年で打ち切りになったことに批判が噴出した。同講座は初年度は16人が受講したが、2年目の入学希望者は5人となった。同大学を運営する高野山学園側は打ち切りの理由として、「先生同士のネガティブキャンペーン」により「(授業の未開講や病院・福祉施設等での実習が確保されないといった異常事態の発生で資格取得を危ぶんだ)受講生からクレームが来た」と説明した(6日付。中外日報7日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center