(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *天皇退位問題に関する神社新報の反応
本文テキスト  政府は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」を開催することとし、10月17日に同会議の初会合が開かれた(3日付、24日付)。こうした動きに対し、神社新報は「神道の社会的防衛者」だった「葦津珍彦の退位論についての検証」を2回にわたり2頁弱を費やして掲載した。執筆者は齊藤智朗・国学院大学准教授。論文の結論は次の通り。<皇位継承法は、皇位の尊厳を堅持することに第一義があり、そのためにも、天皇の「祭り主」としての本質が一層体現されるやう政府や社会に訴え続けていくことの最重要性が、葦津の論からあらためて伝はってくる>。国事行為については、<(天皇に)「意思発動の権能」がないわけではなく、内閣が明確に憲法に反する助言をおこなった際には、天皇が「拒否する権能」さえも有すると葦津は解したのである>(10日付、17日付)。なお<皇室の制度と歴史>の連載が始まった。1回目は「摂政について」(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center