(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【9. 生命倫理】
小分類(国名等)
記事タイトル *クローン人間づくり法の抜け穴ある英国で 政府、緊急法改正で阻止へ
本文テキスト  世界初のクローン人間づくりを目指すイタリアの不妊治療の権威、セベリノ・アンティノリ医師が、英国の規制の抜け穴を利用し、同国で計画に着手する意向を表明、政府が緊急の法改正を迫られる事態となっている。英国の1990年ヒト生殖・受胎法は、受精卵を使ったヒトのクローンを禁止しているが、英高等法院は15日、ヒトの皮膚などの体細胞を使った手法について「規制対象とならない」との司法判断を示した。英保健省は緊急の法改正で同国でのクローン人間づくりを阻止する方針。アンティノリ医師は高等法院の決定を歓迎。規制の空白に乗じて強行する構えを見せている(毎日夕11/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center