(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【8. 国際会議 サミット 諸宗教対話】
小分類(国名等) ◆WTO(世界貿易機関)
記事タイトル *「文明の衝突」回避を優先 WTO会議、予定通りカタールで
本文テキスト  WTO関係筋は11月の閣僚会議の開催地問題が迷走した舞台裏を明らかにした。当初予定通りにカタールの首都ドーハ開催で決着した主因は米政府の急転換。通商代表部(USTR)の変更論を覆したホワイトハウスの政治判断だったという。開催地変更は13、14の両日にシンガポールで開いた非公式閣僚会議でゼーリックUSTR代表が提案した。ドーハで安全面で不測の事態が起きれば、新ラウンド立ち上げが台無しになると懸念を表明。EUや日本も理解を示した。ホテル建設や空港拡張に巨額の投資を重ね、国際的な信用失墜も心配するカタールは「アラブへの侮辱だ」と一貫して猛反発。しかし、USTRの強硬姿勢にWTOのムーア事務局長は先週後半「変更はほぼ確実」と一部加盟国に漏らしていた。しかし週末に米政府の風向きは一変する。20日に上海で小泉純一郎首相と会談したブッシュ大統領は「ドーハで」と明言、首相を戸惑わせた。新ラウンド開始の不確定要素を減らしたいUSTRの通商交渉の論理を、カタール下ろしを強行しイスラム圏を敵に回したくない大統領周辺の外交力学の論理が制したと関係筋は読む(日経10/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center