(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【8. 国際会議 サミット 諸宗教対話】
小分類(国名等) ◆国連「世界人種差別撤廃会議」
記事タイトル *シオニズムや奴隷貿易などのテーマで決裂
本文テキスト  国連主催の「世界人種差別撤廃会議」が31日、南アフリカのダーバンで本番に突入した。差別解消に向けて21世紀の指針となるはずだった「宣言」と「行動計画」は、今年初めまでに作成された原案を基に、全体の「準備委員会」が事前に最終案をまとめる予定だったが、「シオニズム」「奴隷貿易」「植民地」などのテーマをめぐって決裂し、宣言案142項目、行動計画案約250項目の半分以上が「審議継続中」のまま。会議の成果を疑問視する声も上がっている(毎日09/01)。3日にはイスラエル批判に反発し、イスラエルと米国代表団が撤退(日経夕09/04)。最終日の7日になって、奴隷貿易と植民地支配について「謝罪」の文言を最終宣言に盛り込むことで欧州諸国側が同意した(毎日09/08)。しかし、補償問題及びシオニズム問題で合意に至らず会期を延長(毎日夕09/08)。8日午後1時(日本時間同8時)までのギリギリの折衝により「最終宣言」「行動計画」を採択して閉幕した(赤旗09/09)。なお、この問題を様々な角度から報道している英メディアでは、「現代人に直接責任ない」とする意見が大半を占めている(読売09/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center