(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【7. 南北アメリカ】
小分類(国名等) ◆北米
記事タイトル リード文
本文テキスト  アメリカ国内ではテロ以降、家屋に星条旗を掲げたり、車に星条旗のステッカーを貼ったりする人も増えた。野球場でも、「ゴッド・ブレス・アメリカ」が聴かれた。しかしオクラホマ州の学校で「ゴッド・ブレス・アメリカ」の掲示を出したところ、保護者から「宗教的なメッセージを学校内に掲示するべきではない」と苦情も来た(キリスト新聞10/27)。学校当局は「星条旗や『自由の鐘』などと同じで宗教的なシンボルではなく愛国心を高める為のものだ」と発言した。
 11月12日には、再びアメリカン航空機がニューヨーク市クイーンズに墜落したが、これはテロではなく事故であるとされた。これを受けて11月18日、ニューヨーク市クイーンズの海岸でアメリカン航空機事故の犠牲者追悼式典がおこなわれ、ジュリアーニ・ニューヨーク市長ら約千人が出席した(日経夕11/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center