(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西欧】
小分類(国名等) ◆テロ事件に対する市民の反応<デモ、世論調査など>
記事タイトル *番組に「反米色」BBC会長謝罪 テロ巡る討論に抗議2000件
本文テキスト  英BBCテレビの同時多発テロをめぐる討論番組に視聴者からの抗議が相次ぎ、グレッグ・ダイクBBC会長が15日謝罪声明を出す騒ぎが起きた。番組は13日夜に生中継されたもので、国会議員ら4人のパネリストと、希望者から選ばれた聴衆との間で質疑がかわされた。途中、イスラム教徒とみられる男性らかなりの数の聴衆が米国を批判。パネリストの一人、フィリップ・レイダー元米国駐英大使が涙ぐみながら反論する光景が伝えられた。番組の視聴者は推定約560万人。BBCによると無神経で不公正だといった抗議電話が、これまでに約2千件にのぼったという(朝日09/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center