(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西欧】
小分類(国名等) ◆欧州テロ組織の検挙と資産凍結(国内政策)
記事タイトル *欧州にまぎれるテロ組織網 抑止策強化苦悩する各国
本文テキスト  同時多発テロ事件にからみ、欧州でイスラム教テロ集団とみられる容疑者の検挙が相次いでいる。一方で事件を機会にイスラム教徒への差別が目立ち始めた。スペインで26日、米国が公表した「テロ組織」のアルジェリア人6人が逮捕された。これまでにオランダ4人、英国3人、ベルギー2人など欧州で20人以上の容疑者が拘束された。EUは広域テロ組織に関する警察情報の共有を始めた。10月早々には各国の情報機関が初めて共通会合を持つ予定だ(毎日09/30)。
 その後、10月4日までには40人以上を拘束、欧州全域に広がるネットワークの実態が次第に浮かび上がってきた。西欧のイスラム教徒コミュニティーに、テロ組織が巣くっていた事実は、欧州社会に大きな衝撃を与え、「開かれた社会」の見直しを迫るものとなっている。英国では、テロ防止策として、全国民向けのIDカードの導入案が浮上し、議論を呼んでいる。また、ドイツでは先月19日、(1)国外に本拠を置く過激派組織の摘発を刑法上可能にする(2)宗教法人にも政府の解散権が及ぶようにするなどのテロ抑止策を打ち出した。シリー内相はさらに第2弾として、(1)国籍取得申請者の思想傾向を調査する(2)ビザ申請の際の指紋押なつの義務づけなどを示している。欧州各国とも多数の外国人労働者や難民などを受け入れているが、今回の事件は欧州社会が宗教・人種対立を潜在させている現実をあぶりだした。欧州が歴史的に培った「自由」や「寛容」の原則を貫くことが出来るかどうか、大きく問われている(読売10/05)。
Copyright(c) Religious Information Research Center