(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西欧】
小分類(国名等) ◆主要国(英・仏・独)の対応
記事タイトル *EU内に広がる亀裂 米への軍事協力 英仏独突出に反発の声
本文テキスト  米国のテロ報復攻撃をめぐり、EU各国に亀裂が広がりつつある。英国を筆頭に、独仏が軍事支援の姿勢を鮮明にするのに対し、中小諸国の間からは「EU共通外交の枠が崩れる」と懸念の声があがる。英仏独の3カ国は、国防相、参謀総長による協議を開始。19日にはEU首脳会議が開かれたベルギーのヘントで、ブレア英首相、シラク仏大統領、シュレーダー独首相が、軍事協力の態勢などについて意見を交わした。この三カ国会談に、イタリアのペルルスコーニ首相が、「主要国であるわが国を無視した」と、強く反発した。主要メディアは「“ 事前首脳会談"はビンラディンではなく、EUを追い詰めた」と書き立てた。EU加盟15カ国の中で、「英国対大陸14カ国」、「英仏独対12カ国」という対立の構図が、さまざまな場で浮き彫りになる可能性がある(東京10/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center