(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【5. NIS諸国、南東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆グルジア
記事タイトル *アブハジアで紛争再燃
本文テキスト  イスラム系住民が多く、グルジアからの独立を「宣言」しているアブハジア自治共和国で、紛争が再燃。10月8日、チェチェンのイスラム原理主義過激派が、アブハジアの首都スフミに近い村を襲撃し住民14人を殺害、アブハジア軍と戦闘になった。翌9日朝には、国籍不明機がグルジアとスフミを結ぶコドル回廊を空爆、死者が出た。アブハジアのシャンバ外相は、グルジアがゲリラを援護、国際テロを支援していると非難、総動員態勢で対処する構えを見せた。一方のグルジアは空爆を否定し、国籍不明機はビンラディンの援助も受けたイスラム原理主義過激派が、グルジア政府の黙認のもと、カフカス一帯で活動しているとして、アブバジアを支援するロシアの機体ではないかと、疑いの目を向けている(東京10/10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center