(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【5. NIS諸国、南東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア連邦<同時テロ関連以外>
記事タイトル *チェチェンのイスラム勢力の攻勢とその対応
本文テキスト  ロシア・チェチェン共和国の第2の都市グデルメスで9月17日早朝、ロシア連邦軍との戦闘を続けるイスラム武装勢力が、市内に駐留する連邦軍に対して攻撃を開始、内務省本部などを襲撃し、午後にわたって銃撃戦が続けられた(朝日09/18ほか)。同時テロ後、イスラム武装勢力の活性化を警戒していた矢先の攻勢に対し、プーチン大統領は、タリバンから支援を受けているとされるチェチェンの武装勢力との戦いを、24日夜のテレビ演説において、国際的テロ対策と位置づけ、同時テロ事件と「チェチェン」を区別する「二重基準」をやめるように国際社会に訴え(赤旗9/26)、イスラム武装勢力に対し、72時間以内の投降を要求するという強硬な態度を示した(朝日9/26)。72時間の期限切れ後、ロシアは武装勢力掃討作戦を強化していたが、10月24日、ロシア政府は、チェチェン共和国のイスラム武装勢力代表が武装解除交渉を申し入れたことを明らかにし、本格交渉に向けての歩みが始まったことを伝えた(読売10/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center