(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【5. NIS諸国、南東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア連邦<同時テロ関連>
記事タイトル *対米軍事協力の表明
本文テキスト  ロシアは、アフガン周辺における米国・NATOの影響力が増すことに対する危惧から、米の大規模な攻撃には牽制の姿勢も見られたが、結果的に、19日の米国のブッシュ大統領・パウエル国務長官とのワシントンでの会談において、イワノフ外相が、「国際的テロとの戦いでは武力行使もあり得る」として米国への報復攻撃支援を表明した(東京夕9/20)。支援の範囲については、プーチン大統領が24日夜のテレビ演説で、米国機などにロシア領空の飛行を認めることなど、軍事面での協力にまで踏み込むことを明らかにした(朝日夕9/25)。また、ロシア外務省はアフガン空爆開始後の10月7日夜、「チェチェンを含めた国際テロリズムは処罰されるべきだ」とする公式声明を発表した(産経10/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center