(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル <〜11月上旬 ガザ先行独立案の提示>
本文テキスト  対テロ戦争が進む中、欧米諸国ではイスラム過激派に反米の口実として使われるパレスチナ紛争の収拾を図る動きが強まり、それに対応する形でイスラエルの和平派ペレス外相は、8日までに、独立を新たな暫定措置に組み込み、ガザ自治区の入植地から撤退して、和平交渉を継続しようとする「ガザ先行独立案」を首相に提示。しかし、ヨルダン川西岸、ガザ地区の占領地をエレツ・イスラエル(神から約束されたイスラエルの土地)ととらえ、入植活動を是認する「大イスラエル主義」を思想背景に持つシャロン首相は、撤退に否定的であるとも報じられた(朝日11/10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center