(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル <〜10/18 イスラエル観光相の暗殺による事態の悪化>
本文テキスト  再び停戦実施へ進む一方、双方のテロ攻撃はやまず、17日朝には、強硬な反アラブ主義者として知られるイスラエルのゼービ観光相が、エルサレムのホテルで頭などを銃撃され死亡。PFLPが、8月下旬にムスタファ前議長を暗殺されたことに対する「報復」だとする犯行声明を出したことから、封鎖緩和は撤回され、自治政府との政治的接触の停止が決まった(朝日10/18)。シャロン政権は18日未明まで安全保障閣議を開き、パレスチナ自治政府に対して容疑者の即時引き渡しと、「テロ組織」非合法化の措置を取るよう要求することを決め、要求が満たされない場合は、自治政府を「テロ支援組織」と見なし、軍事的手段による徹底報復に訴えると警告した(産経10/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center