(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル <〜10/14 米の仲介による事態の沈静化>
本文テキスト  ブッシュ米大統領は10月2日、ホワイトハウスで、中東和平構想について、「パレスチナ国家の構想は常に視野に入っている」と発言。テロ対策で米国を支援する前提として中東和平への積極的な関与を求める穏健派のイスラム諸国などを念頭に置いた発言とみられ(朝日10/3)、これに対してサウジアラビア・エジプト・パレスチナ自治政府などがただちに歓迎の意向を表明した。その後、米国によるイ・パ双方への強い働きかけが功を奏し、14日前後の数日間、銃撃事件やテロなどが沈静化。シャロン首相は14日の閣議で、パレスチナ自治区封鎖の一部緩和や自治区駐留部隊の撤退などを決定。凍結していた停戦履行プロセスの再始動に踏み切った。米仲介で治安協議も同日行われ(読売10/15)、15日朝にはヘブロンから撤退した。(朝日10/16)
Copyright(c) Religious Information Research Center