(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル <〜10/5 インティファーダ一周年から停戦の崩壊まで>
本文テキスト  停戦合意の2日後の28日は、インティファーダ(反イスラエルの民衆ほう起)から一周年にあたっており、パレスチナ自治区各地で反イスラエルデモやイスラエル軍との衝突が発生。「停戦」は早くも揺らぎを見せ(読売9/30)、その後も各地でテロ・銃撃が続発。10月2日夜、ガザ北部にあるユダヤ人入植地に対して、イスラム原理主義組織ハマスが襲撃を行ったことを受けて、シャロン政権は3日、戦車をガザ北部に侵攻。停戦はわずか一週間で事実上崩壊した(朝日10/3・4)。続いてイスラエル軍は5日、ヨルダン川西岸ヘブロンのパレスチナ自治区に戦車で侵攻した(産経10/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center