(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア
記事タイトル *宗教界・王家内で米国非難が噴出
本文テキスト  米国メディアで、サウジは対テロ行動に非協力的との批判が相次ぎ、多くのサウジ人が嫌がらせを受け帰国を強いられたことなどもあって、10月下旬ごろより対米批判が強まりを見せ、宗教界・王家内などで米国批判が噴出。25日に、米国メディアがテロ実行犯19人のうち15人がサウジ出身だったと報じたことについて、アブドラ皇太子がこれを長年のイスラムに対する悪意に基づくものとして猛反発(日経夕10/29)。また、26日の金曜礼拝で、ワッハーブ派の権威2人がサウジ政権のアフガン攻撃容認を、「非イスラム的」とするファトワを発表するなど、同国の足下は大いに揺らいだ(朝日10/30)。また、米軍がラマダン中も攻撃を続行していることを受け、ビンラディンに共鳴するサウジ国内のイスラム原理主義勢力は急速に反米感情を強めている(毎日11/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center