(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア
記事タイトル *空爆後の反米感情の高まりへの政府の対処
本文テキスト  アフガン空爆後、サウジ国内では、反英米感情が高まり、政府筋がこれを抑えるために苦慮する姿が見られた。サウジ政府は、国民感情への配慮から10日に予定されていた英国のブレア首相の訪問を拒否(毎日10/12)。一方、18日には、ナエフ内相が、同国国営テレビでの演説で、ビンラディンに共感する国民がいることを初めて公式に認めた上で、ビンラディンらはイスラム社会の病巣であるとし、その支持者や反体制活動の動きを厳しく監視、取り締まる意向を示す異例のメッセージを伝え(読売10/19)、25日付のサウジアラビア各紙で、同国の大ムフティー(大法官)であるアブドゥルアジーズ・アッシャイフ師が、ジハード遂行を説くビンラディン側の声明を否定するファトワを発表した(読売・産経10/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center