(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆その他同時テロ関連
記事タイトル *テロ関連報道をめぐるメディア戦争
本文テキスト  今回のテロ関連事件をめぐっては、欧米側のメディアと、アラブ側・タリバン側で、報道の食い違いなどが目立ち、軍事行動における影響力を考慮した米国が、報道規制を行い、ラジオ等を利用した現地での反タリバン宣伝に乗り出すなど、国際紛争をめぐっての報道の自律性、「広告界の女王」と称されるビアーズ国務次官を起用したメディア戦略などに関する話題も各紙の紙面にのぼった。
 その中でも、特に、カタールの衛星テレビ局「アルジャジーラ」に各国政府やメディアからの注目が集まった。同局は、アフガニスタンからの独自映像で他局を圧倒。アラブ世界への影響力に注目したビンラディンもたびたび声明を発表し、各国元首級のインタビューも相次ぎ放送するなど、「アラブのCNN」として評価を固めた。同局は1996年、アラブ世界初の独立系24時間ニュース放送局として放送を開始。政府より報道機関が多い中東で、各国の政策にも批判的な放送を実施し、討論番組でイスラム世界の女性の人権問題や性の話題を取り上げるなど、論争を呼んでいた(日経夕10/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center