(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン情勢
記事タイトル <〜ラマダン入り 米政府の北部同盟牽制、パキスタンの方針転換>
本文テキスト  米政府はカブール制圧に歓迎を示す一方、少数民族の寄り合い所帯である北部同盟が、カブールを統治することなどへの牽制も見せ(読売11/14)、15日には、アフガンで「安定した政府」の発足が対テロ作戦の重要な一部分だとして、北部同盟・パシュトゥン人の幅広い勢力を結集させた新政権の早期樹立への強い意欲を表明した。半面、タリバン穏健派については触れず、新政権にタリバンの残党は含めない可能性も示唆した(日経夕11/16)。また、パキスタンも、15日のイラン内相との会談後、新政権へのタリバン穏健派の参加を求めていた従来の方針を転換し、タリバン勢力が加わる必要はないとの見解を示した(産経11/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center