(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン情勢
記事タイトル <カブール制圧後〜 北部同盟の新政権作りへの意向、元国王派の動向>
本文テキスト  カブールを制圧した北部同盟のアブドラ外相は、13日午後カブール入りした後、記者会見し、新政権作りに向けたアフガン各派による協議を行いたいとの意向を表明。同外相は、この協議に国連代表の参加を求めたが、国連安保理が検討したカブールヘの多国籍軍派遣については「現状では必要ない」として受け入れには消極的な立場を明らかにした(産経夕11/14)。なお、主流派パシュトゥン人を新政権の優位に置きたい元国王派は、パシュトゥン人を含まない北部同盟の首都制圧を約束違反などとして、批判的なコメントを出した。
 またザヒル・シャー元国王は、14日、伊紙を通して、アフガン再生のために一定の役割を果たす意思を表明。王政復古を明確に否定したうえで、アフガニスタンの伝統的な一種の議会制度であるロヤ・ジルガの復活を訴えた(産経11/14・15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center