(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【3. 中東・イスラーム世界】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン情勢
記事タイトル <〜空爆開始まで ザヒル・シャー元国王への注目、元国王の北部同盟との合意>
本文テキスト  タリバン政権崩壊後のアフガニスタンの政権構想に関する記事は、9月末頃から早くも紙面に登場しはじめ、タリバン後の暫定政権づくりで重要な役割を担う可能性があるとして、ローマで亡命生活を続けているザヒル・シャー元国王が米国や国連、北部同盟などの注目を集めた。元国王のスポークスマンは9日28日、北部同盟が、元国王の下に、最高評議会と軍事評議会を創設することで合意したことを明らかにし(読売9/30)、10月1日に、両者は、タリバン後について、最高評議会を設立した上で、伝統的意思決定機関の「国民大会議」(ロヤ・ジルガ)を招集し、暫定的な指導者を選出する方針を発表した(産経10/2)。しかし、元国王派と合意を結んだ北部同盟はもともと、「反タリバン」の旗印だけで結ばれた雑多な組織の寄せ集めであり、タジク人のイスラム協会、ウズベク人のアフガニスタン・イスラム運動、ハザラ人のイスラム統一党など、民族ごとに組織は分かれ、背後の支援国も異なり、また多数派はスンニ派、イスラム統一党はシーア派と、宗派の違いも抱えており、まとまりを維持する難しさも多く指摘された(産経10/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center