(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年12月-2005年2月
号数 26
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ)〈裁判のゆくえ〉
記事タイトル *松本被告の控訴趣意書、提出延期へ
本文テキスト  東京高裁の須田賢裁判長は、松本智津夫被告の弁護人が求めていた、控訴趣意書の提出期限延長を1月6日付けで認める決定をした。裁判長は、12月に自らも被告と直接面会し、弁護人から申請されていた精神鑑定と公判手続き停止を却下している。被告との意思疎通の困難を訴える弁護人に対し、裁判長は独自に趣意書を作成することは可能であることを指摘、作業遅延を批判したが、死刑事件の重大性を考慮して延長を許可した(読売・東京 1/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center