(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆豪州・太平洋
記事タイトル *アフガン難民インド洋遭難事件 人気の先進国 受け入れ難しく
本文テキスト  アフガニスタン難民ら約430人がインド洋で救助されながらも立ち往生している事件は、アフガン難民を取り巻く状況の厳しさを改めて印象づけた。難民の流出は、ソ連侵攻に伴うアフガン戦争(79〜89年)を機に始まった。現在はパキスタンとイランに、それぞれ約200万の難民が避難生活を送っている。加えて昨年夏以来の大干ばつと戦闘激化に伴い、新たな難民が大量に発生。今回、ノルウェーの貨物船に救助されたアフガン難民らはインドネシアから密航船でオーストラリアへ向かう途中だった。欧米諸国の難民受け入れが厳しくなる中、隣国のパキスタンやイランに滞留し、第三国への密航を企てる傾向が今後も続きそうだ(毎日09/01)。
Copyright(c) Religious Information Research Center