(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【0. 同時多発テロ・ダイジェスト】
小分類(国名等)
記事タイトル <〜11/7 米英の新方向模索、北部同盟によるマザリシャリフ制圧>
本文テキスト  11月に入って、説得工作やタリバン後の新政権づくりの外交交渉が手詰まりとなり、米軍が地上部隊を増派する方針を打ち出す中、イスラム急進派の義勇兵数千人がアフガン入りしたとの情報も伝えられ、事態は緊迫の状態が続いた。一方、米大統領は7日、ホワイトハウスでブレア英首相と会談。記者会見で、タリバンはゆっくりだが確実に崩壊しているとして、タリバン打倒にあらためて自信を表明した。ビンラディンらの行方についても、洞窟に隠れているとされる同氏を裁きの場に引き出す、と語った。また、ブレア英首相は空爆だけでなく本格的地上戦も必要になるとの認識を示唆した(朝日夕11/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center