(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【0. 同時多発テロ・ダイジェスト】
小分類(国名等)
記事タイトル <〜10/15 米英両軍の爆撃の継続、地上部隊投入開始>
本文テキスト  米英両軍は、ビンラディンは直接狙わず、空爆で北部同盟を支援し、地上戦闘を任せてタリバン政権の内部崩壊を目指す方向で軍事行動を続行。イスラム教の金曜礼拝日だった12日を除いて、連日空爆が続き、病院・NGO施設・モスクへの誤爆などとあわせて、民間人を含む多数の死傷者が出たと各メディアで報じられた。15日、米軍は対地攻撃機を投入したことを明らかにし、タリバンとビンラディン一派の幹部を標的とした軍事行動の「第二段階」が開始されたと報じられた(読売夕10/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center