(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【0. 同時多発テロ・ダイジェスト】
小分類(国名等)
記事タイトル <〜10/10 空爆に対するビンラディン・タリバンの対応>
本文テキスト  米英軍の空爆開始の2時間後、ビンラディンがカタールの衛星テレビ局アルジャジーラを通して声明を発表。同氏は、米国での同時多発テロについて、「神はムスリム先兵による米国の破壊を祝福した」と述べ、テロへの関与には言及していないが、事件を称賛し(朝日10/9)、続いて9日にも録画ビデオでアフガンへの攻撃・米国の中東政策などを批判、航空機による自爆テロが続くことを警告した(朝日夕10/10)。一方、タリバン政権は、8日の緊急閣僚会議で、徹底抗戦を決議(朝日10/9)、オマル師は9日、米国と英国に対するジハードをファトワ(宗教布告)として宣言、「全イスラム教徒の義務」としてジハードの参加を呼びかけた(毎日夕10/9)。オマル師は、その後も断続的に声明を発表し、イスラム教徒への一致団結と対米抗戦を鼓舞し続けた。
Copyright(c) Religious Information Research Center