(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【0. 同時多発テロ・ダイジェスト】
小分類(国名等)
記事タイトル <〜9/25 臨戦態勢への突入、カブールでの反米デモ>
本文テキスト  オマル師は24日、テロ行為の終結を米国が望むならば、湾岸地域から米軍を撤退させよなどとする声明を発表して、対決姿勢を鮮明にし(読売9/25)、米国の報復攻撃に備えるため、30万人を首都周辺や国境などに配備し、臨戦態勢に入ったことを明らかにした(日経9/25)。続く25日に、オマル師は米国民向けのメッセージを発表、米同時多発テロは「米政府がイスラムの国々で行った抑圧への復しゅうだ」と主張した(毎日夕9/26)。また、首都カブールでは25・26日に米国に対する聖戦を呼びかける反米デモが行われ、旧米国大使館への放火が行われた(毎日夕9/26・朝日9/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center