(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国外
大分類 【0. 同時多発テロ・ダイジェスト】
小分類(国名等)
記事タイトル <〜9/20 聖職者会議の開催、引き渡し要求拒否と妥協案の提示>
本文テキスト  19日、首都カブールで聖職者会議が始まったが、開会に当たってオマル師は、米国は身柄問題をタリバン打倒の口実にしているとする声明をあらためて発表し、引き渡し要求を事実上拒否(東京9/20)。会議は20日も続き、タリバンとしてはギリギリの妥協策であるビンラディンの自発的国外退去を促すことを決めた。同時テロ事件の真相解明については、国連とOICによる調査を提案。また、同会議では、米国が「十字軍」という言葉を使ったことが批判され、米国が攻撃に踏み切った場合はジハード(聖戦)で臨む構えであることが示された(朝日9/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center