(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【10.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *世界遺産登録目指す
本文テキスト  5〜10日、和歌山市で、ユネスコの世界遺産登録に関し、信仰の対象や修行の場となっている場所について話しあう「信仰の山会議(アジア・太平洋地域における信仰の山の文化的景観に関する専門家会議)」が行われた。文化庁、ユネスコ世界遺産センター、熊野古道の世界遺産への早期登録を目指す和歌山県が主催。会議は、ユネスコの世界遺産に山岳信仰の地を登録する際の基準や保全の指針などをまとめた。会議の結果は、第25回世界遺産委員会に勧告される予定。参加者は熊野古道などの視察も行った(読売・和歌山 09/11)。
 大峯山(奈良県)が女性の立ち入りを禁じていることについて、ユネスコ世界遺産センターの自然遺産・文化的景観担当チーフは、世界遺産登録で制約にはならないと事実上容認する姿勢を明らかに(紀伊民報・田辺 09/12)。長崎、佐世保両市や北松地区、五島などに多く残る教会群を世界遺産に登録しようと、「長崎の教会群を世界遺産にする会」が発足した(読売・佐世保 10/03)。善光寺(長野市)についても「善光寺の世界遺産登録をすすめる会」が設立された(読売・長野 10/02)。
Copyright(c) Religious Information Research Center