(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【10.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆古代宗教
記事タイトル *出土
本文テキスト  長野県更埴市八幡の社宮司遺跡から国内初の木製仏塔。平安時代後期から鎌倉時代初期に供養塔、道標などに使われたとされる(朝日・長野 09/07)。奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡(弥生時代)から国内最大級のヒスイ製勾玉2個が収められた褐鉄鉱の容器。前例のない出土形態で、祭祀に使われた可能性もあるという(産経・東京09/22)。大阪府高槻市の今城塚古墳(6世紀前半)から国内最大級の家型埴輪。真の継体天皇陵とされる。巫女や武人などをかたどった埴輪も一緒に出土しており、60点を超える埴輪群は、大王の葬送などの儀式を再現したものと見られる(朝日・東京 09/21)。
 佐賀県神埼郡の吉野ヶ里遺跡から前方後方墳。古墳時代前期前半(3世紀後半)の築造で、地域の有力者の墓と見られる。同遺跡では既に3基の前方後方墳が出土(読売・東京 10/26)。
 石川県能都町の真脇遺跡から日本最古と言われる約4500年前(縄文時代中期)の土製ランプ。橋本澄夫調査団長によれば、出土場所が当時、「聖なる場所」だったと推測でき、祭祀に使用したと考えられるという(日経・東京 11/13)
Copyright(c) Religious Information Research Center