(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【9.現代の精神状況】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *池田小事件、心のケア
本文テキスト  多数の児童らが殺傷された大阪教育大付属池田小学校で6日、感情や体験を共有することで心の傷の克服を目指す「トラウマワーク」の一環として、 6年生が事件後の心身状態について授業で初めて話し合った(朝日・東京 09/07)。心のケアの一環で、ボランティア団体「ろくはち会」の呼びかけで11月18日、セラピー犬と触れ合い、心のケアを図る催し(産経・東京 11/19)の他、巨大な花を描いた「希望の絵」の児童による制作(神戸 09/15)、近鉄・中村紀洋選手の招待により大阪近鉄−日本ハム戦観戦(毎日・東京9/24)、劇団四季による「はだかの王様」の特別公演招待(東京中日スポーツ・東京 09/25)、Jリーグのサッカー選手らと児童の交流会があった(毎日・東京・夕 11/19)。また、神戸市内のキリスト教関係者らが、悲しみが癒されることを願って、遺族へ贈るCDを制作中。ゴスペル歌手らが無償で制作に関わり、10月初めに全遺族へ贈る予定(東京・東京 09/29=共同)。
Copyright(c) Religious Information Research Center