(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【7.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社公式参拝問題
記事タイトル *大阪・松山・福岡で同時に訴訟
本文テキスト  11月1日、首相の靖国参拝の違憲確認や参拝差し止めを求め、大阪、松山、福岡のそれぞれの地裁で訴訟が起こされた。大阪では、日本人戦没者遺族や韓国在住の日本軍に徴用された元軍人・軍属の遺族ら約640人が原告となった(毎日・大阪・夕 11/01、日経・大阪・夕 11/01ほか)。同様の訴訟で、靖国神社に合祀された韓国人の遺族(約120人)が原告に加わるのは初めて(読売・東京・夕 11/01、毎日・東京・夕 11/01ほか)。松山では、四国4県の63人と2団体が原告団を組織。その中には、97年に違憲判決のでた「愛媛玉ぐし料訴訟」原告や、高松市と松山市にある真宗大谷派の寺院も含まれる(愛媛 11/02、毎日・えひめ 11/02ほか)。福岡では、九州・山口などの戦没遺族や仏教、キリスト教などの宗教関係者、在日韓国・朝鮮人ら計211人が原告団を組織(西日本・福岡 11/02)。
Copyright(c) Religious Information Research Center