(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【7.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社公式参拝問題
記事タイトル *靖国参拝についての国会議員・閣僚の見解
本文テキスト  田中外相は8月31日の記者会見で、小泉首相の靖国参拝は条件が満たされれば合憲であるとの見解を表明した(産経・東京 09/01)。首相は9月4日、毎日新聞のインタビューで新たな戦争犠牲者追悼施設の構想についてふれ、「靖国問題と切り離す」と述べ、首相の靖国参拝は制限されないという考えを示した(毎日・東京 09/05)。自民党の有志議員の組織「『明るい日本』国会議員連盟」は11月14日の総会で、首相の靖国神社参拝は当然だとする見解をまとめ、自民党山崎幹事長らに提出した(産経・東京 11/15、赤旗 11/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center