(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年9月-11月
号数 13
媒体 国内
大分類 【1.同時多発テロ関連】
小分類(国名等) ◆公明党・創価学会の動向
記事タイトル *PKO法案改正に関して
本文テキスト  公明党は当初より、武器使用の問題などに対し慎重な態度であったが、内閣改造を要求していることに加え、民主党の政権接近によって与党内での発言力低下を危惧し改正容認へと方針を転換(東京・東京 11/16)。過去同党は、「周辺事態法」論議の際、「原則国会の事前承認」を認めさせ平和の党としてその存在を誇示していたが、今回の改正案論議の中では、民主党が「原則事前承認」を要求すると連立への危機感を抱き一転しその主張を突っぱねた(毎日・東京 11/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center