(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆ブラジル<リオデジャネイロ五輪と宗教>
記事タイトル *イスラム教徒の女性の五輪での活躍
本文テキスト  リオ五輪において、イスラム教徒の女性の活躍に注目が集まっている。8月12日の陸上女子100m予備予選に頭と全身を覆う黒のユニフォームで参加したアフガニスタン難民のキミア・ユセフィ選手は、同競技の国内記録を更新した(毎日8/16)。米国のイブティハージ・ムハンマド選手は13日のフェンシング女子サーブル団体で銅メダルを獲得し、「イスラム教徒へのステレオタイプ化した見方や偏見を変える機会につながればうれしい」と語った(産経8/21)。また、ビーチバレーではヒジャブの着用が解禁され、ビキニやワンピース水着の代わりに長袖長ズボンのユニフォームとヒジャブを着用したエジプトの女子チームが出場した。こうした変化について同志社大学大学院の中西久枝教授は、ヒジャブが女性のスポーツ参加を促している側面があると述べている(東京8/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center