(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *トランプ氏が戦没者遺族を中傷し波紋
本文テキスト  共和党の大統領候補に指名されたトランプ氏がイスラム教徒の戦没者遺族を中傷し、批判が高まっている。7月28日、イラク戦争で戦死したイスラム教徒のフユマン・カーン陸軍大尉の父キズル・カーン氏は民主党大会でトランプ氏のイスラム教徒入国禁止の主張に対し、「憲法を読んだことはあるのか」と批判。トランプ氏はこれに対しテレビ番組で反論した上、演説を行わなかった大尉の母はイスラム教徒の女性ゆえ発言を許されなかったと揶揄した。戦没者遺族を中傷するこの行為には共和党内からも批判の声が上がり、副大統領候補のペンス氏は31日に「カーン大尉は英雄であり、すべての米国人が遺族を大事にすべきだ」とする声明を発表した(日経8/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center