(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *カトリック教会を襲撃、司祭を刺殺
本文テキスト  北部サンテティエンヌ・デュルブレで7月26日、刃物で武装した男2人がミサを行っていた教会に侵入し、80代の司祭と修道女2人、信徒2人を人質に立てこもった。特殊部隊が突入し2人を射殺したが、司祭が喉を切られて死亡しており、信徒1人が重体となった。容疑者は地元の19歳の少年で、うち1人は2015年にシリア入りを試みて拘束され、2016年3月まで服役していた。現在は、週1回の警察への出頭と、居場所を特定するための電子機器の装着を義務付けられ、1日の外出を4時間以内に制限されていた(毎日・夕7/27ほか)。仏ムスリム評議会は事件直後に犯行を批判する声明を発表し、31日に1千人が参列して行われた追悼ミサには100人余のイスラム教徒が参加した。それに先立ち29日に各地のモスクで行われた礼拝には多くのカトリック信者が参加した(赤旗8/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center