(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *台湾の陳建仁副総統が訪問
本文テキスト  台湾の陳建仁副総統は9月2日、バチカン訪問に向け出発した。背景には、香港カトリック教会トップの湯漢枢機卿が7月31日付の現地カトリック紙『公教報』に寄稿し、バチカンと中国の間で懸案となっている中国の司教の任命権問題が「初歩的な合意」に達したと述べたことにある(毎日8/9ほか)。バチカンは欧州で唯一台湾と国交を結んでいるが、昨今の情勢を受けて台湾側はバチカンとの関係を再確認する狙いがあるとみられる。陳氏はカトリック信者で、マザー・テレサの列聖式にも参列するという(産経9/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center