(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *ブルカ、ニカブの部分的禁止に向け法整備
本文テキスト  デメジエール内相は8月19日、イスラム教徒の女性が全身を覆う衣装「ブルカ」および「ニカブ」の着用を特定の状況下で禁じる方針を示した。全面禁止を訴える勢力もあるが、内相は「自分が受け入れられないものをすべて禁止することはできない」と述べ、裁判所、役所、大学を含む教育機関を対象とする見込み。理由は治安面ではなく、社会統合の面から説明された。今後法整備を進めるという(Newsweeek9/13ほか)。8月18日にはオーストリアでも、難民の社会統合を担当するクルツ外相が類似の法案の作成を発表している(毎日8/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center