(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *バイロイト音楽祭で宗教対立批判の演出
本文テキスト  7月25日〜8月28日に開催された「バイロイト音楽祭」は、過激派などの攻撃を警戒し、2億円を投じた厳戒態勢が敷かれた。舞台ではワーグナー作曲の舞台神聖祝祭劇『パルジファル』の演出が注目を集めた。キリスト教における救済を扱った演目だが、スペインの古城の場面が、破壊されたキリスト教会に難民が横たわり、銃を構えたイスラム風の兵士が巡回する場面などに置き換えられた。また、原作では主人公が、キリストが最後の晩餐で用いた「聖杯」とキリストを刺した「聖槍」を掲げ、王となる大団円を迎えるが、今回の上演では主人公が槍を折り、キリスト教、イスラエル、シリアの旗を巻いて棺桶に投げ込むと、人々が次々に十字架や聖具を棺桶に投げ入れるという演出が行われた。現地ではおおむね好評であるという(毎日・夕8/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center