(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イタリア
記事タイトル *耐震偽装で地震被害拡大、司教が批判
本文テキスト  中部の都市アマトリーチェで8月24日、M6.2の地震が発生し、少なくとも292人が死亡した。25日には文化相が、教会などを中心に文化的に重要な295の建造物が被災し、50が全壊またはそれに近い状態であると発表した。2009年に309人の被害を出したラクイラ地震の後、中世の石造りの教会などは柱や壁にチェーンや金属を埋め込んで補強し、屋根を木などに変えて軽量化することなどが義務付けられたが、倒壊した建物の9割は必要な対策を取っていなかった。耐震偽装疑惑なども浮かび上がっており、30日に現地で行われた国葬では、ポンピリ司教が「地震が人を殺すのではない。人間の行為が殺すのだ」と参列者に訴えかけた(毎日8/31ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center