(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イギリス
記事タイトル *イラク戦争への参戦を批判
本文テキスト  7月6日、2003年の英米を中心とする有志連合によるイラク侵攻の検証を行っていた独立調査委員会(チルコット委員長)が最終報告書を提出し、誤った情報によって参戦が決定されたと結論づけた。当時、ブレア首相は「フセイン政権は生物化学兵器を45分で使用できる状況にある」と演説し、米国とともに国連の承認なく開戦に踏み切ったが、最終的に兵器は発見されなかった。イラクでは市民10万人が死亡、100万人が難民となり、戦後も宗派対立や民族対立が続いている。報告書提出後の議会では最大野党の労働党から、そのような対立を生じさせたことでテロが活発化し、過激派組織「イスラム国(IS)」が生まれたとの批判が行われた。また、戦死した179人の英兵の複数の遺族が記者会見し、ブレア元首相を殺人罪で告訴すると表明した(読売7/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center