(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ポーランド<教皇訪問関連>
記事タイトル *難民受け入れを繰り返し促す
本文テキスト  教皇は、2〜3年毎に開催されるカトリック青年の世界大会「ワールドユースデー」に出席するため、7月27〜31日に古都クラクフを訪問した。教皇は滞在中、世界各地から集まった若者を前に、いつくしみに満ちた心とは難民や移民を受けるために開かれた心のことであると繰り返し訴えた。27日のドゥダ大統領との会談の席上でも、難民の受け入れを促したとされる。ポーランドではカトリック保守勢力との結びつきの強い右派政党「法と正義」が難民の受け入れ拒否を公約に掲げ、2015年に政権の座に就いており、ドゥダ大統領も同党出身である(毎日・夕7/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center