(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア
記事タイトル *「ポケモンGO」めぐる議論
本文テキスト  「ポケモンGO」に関して、同国の聖職者団体はウェブサイト上で、2001年に出されたポケモンを禁止するファトワ(法学見解)を再び発令した。ポケモンGOにはギャンブル性が見られることや、キャラクターがダーウィンの進化論を反映していることなど、イスラム教の教義に反する要素を問題視する。またキリスト教の十字架をはじめとした様々な宗教や組織の象徴が登場することも多神教的だと反発を示している。これに対し同国文化情報省は発令を否定しており、実際に多数の国民がゲームをダウンロードしているとの情報もある。エジプトではスンニ派の最高権威アズハルの幹部が、ゲームをイスラム教で禁止されている飲酒行為にたとえて批判(読売9/3)。またエルサレムの元ムフティ(イスラム法学の権威)が、キャラクターの超自然的な力を日本の神道思想の反映とみなし、異教徒の手によるゲームで遊ぶ行為をハラームと主張するなど、中東各地で宗教的な議論がなされている(毎日・夕7/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center