(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *聖墳墓教会が約200年ぶりに修復工事に着手
本文テキスト  エルサレムにある聖墳墓教会で6月6日から、イエスの遺体が安置されたという墓の周囲の小さな空間「エディクラ」の修復工事が開始された。約1年の期間を要する見通し。1808年の火災により壊滅の危機に瀕し、その2年後に工事が行われて以来約200年ぶりの修復となる。教会の所有権や管轄権に関して、カトリック教会、アルメニア使徒教会、ギリシャ正教会の3教派間に対立があったため、修復開始までに時間がかかった。同国考古庁が教会を危険建造物と指定し2015年に一時閉館したことで3教派も修復を黙認せざるを得ず、今回の修復工事着手に至った。工事費用の概算は300万ドル(約3億2千万円)で、3教派が分担する(クリスチャン7/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center